4月 5

アートメイクに関わるアフターケア

アートメイクという言葉は一見すると、気軽に誰でも行えるものと思われがちですが、
実は歴とした医療行為となっています。
歯科医院で虫歯を治したり、歯列矯正をしたりした後は、アフターケアに気を使いますよね。
病院で手術を受けた後も、術後の経過を見守りながら少しずつ日常生活に戻っていくことになります。
アートメイクについても、色素を注入した後やアートメイク除去手術を受けた後のケアが欠かせないのです。
これを怠ってしまうと、せっかく綺麗にアートメイクを施しても肌トラブルが発生してしまう恐れがあります。
今回は、アートメイクに関するアフターケアについて詳しく見ていきましょう。

まずは、アートメイク手術で色素を皮膚に注入した後に気を付けたい点です。
アイラインに色素を打ち込む手術は、女性を中心に人気を集めています。
アイライナーを引くのが苦手という人や、毎日同じようなメイクをするのが面倒と考えている方であれば、
思い切ってアイラインのアートメイクで色素を定着させてしまうのも一つの手段です。
アイラインのアートメイクを受けた直後は、なるべく目元に触れないように注意してください。
アートメイクの色素は表皮と呼ばれる部分に注入されます。
これはタトゥーよりも浅い部分にある皮膚の層なので、定着するまでに時間を要するのです。
この段階で目の際を強く擦ってしまうと、アートメイクの色素が滲み、
ぼんやりとした印象の目元になってしまうこともあります。

また、アイラインのアートメイクを受けてから数日は目やにが出た場合は、
ティッシュなどで優しく拭き取るようにしてください。
眉へのアートメイクの場合は目やにが出ることは少ないですが、洗顔の際に注意が必要です。
顔を洗うときに手で水を掬い、顔にパシャパシャとかける人もいると思います。
このときの衝撃が強いと、眉のアートメイクが滲んでしまうこともあるのです。
アートメイクが完全に定着するまでの数日間は、顔を強く擦れないように配慮しましょう。

また、化粧水をはじめとしたコスメは、なるべく刺激が少ないものをご利用ください。
アートメイクを除去した後の肌も、非常に敏感になっています。
アートメイク除去手術はレーザーを用いることが多いのですが、
人によっては患部が多少腫れることもあります。
クリニックやサロンでは冷却などの処置を施してくれますが、
自宅でもなるべく患部を労わるようにしてください。
クリニックによってはケアのためのクリームなどを処方してくれることもあるので、
腫れや炎症が引くまでこれを塗ると良いでしょう。
しっかりとしたアフターケアを心掛けてアートメイクによるトラブルを防ぎましょう。

3月 30

アートメイク除去の料金

メイクの手間を省き、時間を有意義に使いたいという方の中には、
アートメイクを実施しているという人もいると思います。
しかし、メイクの流行が過ぎてしまった、すっぴんをもっと若々しく見せたいといった理由から
アートメイク除去に踏み切ることもあるでしょう。
そんなときにネックとなるのがアートメイクに必要な費用です。
今回は、アートメイク除去にかかる費用について詳しくご紹介します。

アートメイク除去では、主にレーザーを照射するという方法で皮膚に注入した色素を取り除くことになります。
タトゥーの場合は皮膚を切除、移植といった手法を採ることもありますが、
アートメイクは皮膚の比較的薄い部分に色素を打ち込んでいるので、
レーザーでも充分に色素を消滅させることが出来るのです。

また、アイラインや眉といった黒やブラウン系の色を注入することが多い部分へのアイメイクは、
メカニズムとして黒子やシミと似通った点があります。
つまり、メラノサイト細胞が作り出した黒ずみを疑似的に表現して、
眉やアイラインを描いているともいえるのです。
シミや黒子をレーザーで除去するという施術は美容整形外科で当たり前に行われていることですから、
手術に対する不安を抱くことも少なくなるでしょう。
肝心の費用についてですが、アートメイク除去は基本的に自由診療となっているので、
実施するサロンやクリニックによって幅あることを覚えておいてください。
複数の施設を比較したうえでおおよその平均を調べてみると、アイラインの除去であれば最低でも1万円程度、
眉のように広範囲にわたる場合には3万円以上必要になるところも多いようです。

ただし、施設によっては実際にレーザーを照射する部位の面積によって流動的になることも少なくありません。
例えば、レーザー照射部位が3センチまでは1万円で、それ以上になると料金が加算されていくという仕組みです。
アートメイクのデザインは人それぞれですから、皆さんがお顔に施したアートメイクのデザインによっては、
面積や長さによって料金が変動するタイプの方が安く施術してもらえることもあるかもしれません。
レーザー照射によるアートメイク除去は医療行為であり、
医師の資格を持つ者やそれに従事するスタッフでなくては施術を行うことは違法となります。
そのため、安易に安い値段のクリニックを訪れてしまうと、
無資格者による施術で思わぬトラブルに巻き込まれるかもしれません。
アートメイク除去を受ける施設を探している方は、
まずは安全性を最優先として医師が在住しているクリニックやサロンであることを確かめることから始めてください。

3月 23

アートメイク除去でデザイン修正

失敗したら二度とやり直せないことに挑戦するのは、勇気がいりますよね。
刺青やタトゥーを肌に刻むのが怖いという人の中には、
肌に書いたデザインが一生身体に残ってしまうのではないかという思いを抱いている方いるかもしれません。
そうした心配に悩まされている方におすすめなのがアートメイクです。
アートメイクは刺青のように複雑な模様や図柄を肌に描くのではなく、
眉やアイラインなど、身体の一部に色素を注入して、より自分の理想とする姿に変わるための手術となっています。
今回は、自分の理想のアートメイクを実現する方法と、
アートメイク除去手術とのかかわりについて詳しく見ていきましょう。

アートメイクを今まで試したことが無いという人は、クリニックやサロン選びに注意してください。
アートメイクは医療行為の一種ですから、医師の監督下にある医療従事者による施術以外は違法となります。
あまりにも安い料金を提示しているサロンの場合は、無資格者が実行している可能性も否定出来ないので、
医療関係者による施術であることが保証されている施設を探した方が良いでしょう。
アートメイクは施術の際に医師とのカウンセリングに臨むのが一般的です。

ここでは自分がどのようなアートメイクをしたいのかを話すと同時に、
施術後の理想の姿を明確にする必要があるのです。
いくら施術者のテクニックが優れていたとしても、
手本となるデザインが不明瞭では手腕を発揮することが出来ません。
例えば眉のラインにアートメイクを施すのであれば、綺麗な弓形にするのか、
アーチの中心だけ濃くするのかといった注意点を言葉で伝えるだけでなく、
写真や画像でイメージを共有させてくれるようなクリニックやサロンの方が、
利用者も納得のいく仕上がりになることが多いのです。

しかし、アートメイクは気に入らないデザインになってしまったときや、
色素を注入した部位が流行から外れてしまったとしても、除去手術を受けることで、
肌の色をある程度戻すことが可能なのです。
アートメイク除去手術の手法としては、レーザーを照射するというものがあります。
黒や茶色に近い色素であれば、黒子や眉、アイラインといった様々なアートメイクの除去に適しています。
痛みを感じるのが怖いという人には、麻酔処置をしてくれるのでご安心ください。

こちらもまた医療行為の一種ですから、医師の資格を持つ人か、
その管理下にあるスタッフでなければ施術することは許されないので注意しましょう。
アートメイクを実施している施設では、他のサロンやクリニックで行った
アートメイクの修正や除去も受け付けています。
アートメイクをしてもらったけれど、あまり相性が良くなかったから他の施設を利用するというのは
よくあるケースなのでお気軽に足を運んでください。

3月 17

こんなところもアートメイク

アートメイクというと、眉やアイラインといった目元に色素を注入する施術という
イメージを抱いている人も多いことでしょう。
確かに、お化粧の時間を短縮したり、メイクの手間を省いたりするという意味では
目元に後メイクを施すことが理に適っているといえます。
しかし、アートメイクは目元にだけ施すものではありません。
今回は、意外な部位にも対応しているアートメイクとその除去方法について詳しく見ていきましょう。

泣き黒子が目元にある女性に対して、皆さんはどのようなイメージを持つでしょうか?
儚げや色っぽいという印象をお持ちの方がいるのであれば、
それは黒子によるかんおイメージ変化を実感していることになります。
顔のどこか一カ所に黒子があるかどうかで、顔全体の印象は大きく変化します。
泣き黒子の例に言うに及ばず、口元や上瞼の近くなど黒子を
自分の魅力の一部として備え付けたいという人も存在するのです。

また、黒子による開運効果を狙ってアートメイクを利用する人もいます。
実際のところ、黒子をアイライナーなどで描き込む開運メイクというものもありますし、
それを常に自分のものにしておきたいという人からアートメイクの黒子の施術は支持されています。
アートメイクでは一般的なコスメよりも持続性が高い一方で、
除去手術を受ければ肌の色をもともとの状態に近い姿に戻すことが可能です。

黒子の除去については、基本的にレーザーで対応することになります。
黒子は非常に小さな部位ですから、1回も施術で終わることがほとんどです。
興味がある方は頬黒の施術をしてくれるクリニックやサロンを覗いてみましょう。
健康的な発色の唇になりたいという人には、リップのアートメイクをおすすめします。
唇の皮膚に色素を注入すると、色の薄さや肉の少なさをカバーすることが出来るのです。
口紅でお口を彩っている人もいると思いますが、アートメイクは食事や運動をしても剥がれ落ちないのが魅力です。
恋人と夜に2人きりで過ごすときや、すっぴんで人前に出るシチュエーションでも
唇のコンプレックスに悩まされずに済みます。

唇のアートメイクは輪郭にだけ色素を注入するタイプと、唇全体に色を加えるものがあります。
カラーバリエーションはピンク系からオレンジ、もちろんレッドも揃っており好みに合わせてお選びいただけます。
アートメイク除去手術に関しては、レーザーよりも肌色の色素を注入することで色を調節していくことになります。
ただし、唇は他の肌に比べて色素の定着がしにくいという特徴がありますから、
自然に色素が落ちていくのに任せるという人も少なくありません。

3月 9

アートメイクが役立つシチュエーション

皆さんは毎日の生活の中で面倒だと思うことはありませんか?
身だしなみを整えることは社会人として必須ですが、毎日のこととはいえたまには手を抜きたくもなると思います。
アートメイクはそんな皆さんの毎日を応援する技術でもあるのです。
今回は、どんな人にアートメイクを使っていただきたいかについて詳しく見ていきましょう。

アートメイクを所望される方の性別を見てみると、女性の方が格段に多いといえます。
なぜかというと、女性は毎日メイクをしますから、出掛ける準備に多大な時間を必要とすることが多いからです。
メイクが楽しいと感じる女性もいるかもしれませんが、
仕事ではあまり華美になってはいけないという規則があるせいで、
毎日同じメイクで出勤しているという女性も少なくありません。
アートメイクは眉やアイラインに色素を注入することで、
メイクをしていない状態でも目元に陰影をつけることが出来ます。
これによってどのようなメリットが生まれるかというと、
メイクにかける時間を別のことに回すことが出来るのです。
アートメイクで注入した色素は手で擦ったり水に濡らしたりしても落ちることはありません。

ただし、刺青と違って全く落ちないというわけでもなく、数年経てば自然に色が薄くなるのです。
アートメイクを施すことによって、すっぴんでも印象的な目元のままでいることが出来ます。
近所のコンビニに行くにもお化粧が欠かせないという人や、すっぴんで人前には出られないという方も、
アートメイクをご利用いただくことで、今までよりも気軽にお出かけすることが可能になります。

また、メイクを繰り返してきたせいで、眉毛が薄くなってしまったという女性にもアートメイクはおすすめです。
眉毛が薄いと、毎日描かなくてはいけませんよね。
自前の毛が無い場合はそれで諦めるしかないと考えている方も、
アートメイクであればわざわざ描き込むことなく自然な印象の眉がずっと目の上にある状態をキープ出来るのです。
アートメイクの良い点は、刺青とは違い除去手術によってデザインの修正や変更が可能という点です。
レーザーや色素注入といった方法でアートメイクの一部を除去、
もしくは薄くすることでメイクのトレンドを取り入れながらメイク時間を短縮するという生活を怒る人もいます。

アートメイク除去手術はアートメイクを執り行っている多くのクリニックで受けられるのです。
デザインを変えることが前提なら、アートメイク手術を受ける際に、
除去やデザイン変更に関する話も聞いておくと良いでしょう。
皆さんの生活を便利にしてくれるアートメイクを、除去手術と組み合わせてご利用ください。